鬱(うつ)病・アルコール依存症・日々のつぶやき

2014年、うつ病・アルコール依存症デビュー。うつの波にぐっと耐えつつ、前向きな日々を送っています。読んで楽しい気持ちになってもらえたらうれしいです。

コンビニコーヒーの美味しさとヤフオクの結果発表

f:id:restart15515:20150616073537j:image

セブンイレブンのアイスコーヒーは美味しい。とても美味しい。その辺にあるコーヒーへの情熱を失った店主がやっている喫茶店のコーヒーよりも美味しい。しかも、たったの100円。安くて早くて美味しいのだから、これだけ世の中に普及しているのも頷ける。本当によく売れているもの。
 
こういったファストフード系のコーヒーを飲んでいると、かつてマクド◯ルドがむやみに温度だけが高い、黒の絵の具を溶かした白湯よりもまずいコーヒーという商品名の濁った液体を販売していたことを思い出す。あれは本当にひどかった。(その後、外部から豆の専門家だかをヘッドハントして、マク◯ナルドのコーヒーは飛躍的に美味しくなり、大ブレイクした)
 
あれから20年以上、今ではどこのコンビニでも美味しいコーヒーが飲めるようになった。本当に美味しい専門店の豆にはもちろん風味でも香りでもかなうものではないけれど、本当に、十分に美味しい。開発は本当に大変だったんだろうな。
 
コーヒー専門店に入ったときは、わたしは酸味の強い銘柄を注文することが多い。モカマタリとか、コロンビアとか、キリマンジャロとか……でも安くても数百円はするし、コンビニコーヒーと比べるものではない。別のジャンルに属するものだ。どちらもわたしにとって大切な飲み物だ。
 
余談ながら、セブンイレブンのものは、コーヒーマシーンがあのカリスマデザイナー、佐藤可士和先生のデザインということで話題になった。んで、そのあとスタイリッシュすぎるインターフェースを庶民、特に高齢者の方が理解できないとしてすごい勢いで説明書きされたテプラとかシールとか貼られて佐藤先生のデザインは完全に死んだのである。デザイナー業界ではかなり話題になったし、わたしもこの事例には大切な教訓が多々含まれていると感じた。
 
さて、話変わってヤフオク。昨日どうなったかというと、落札時間に眠りこけていたら、パートナーが起こしてくれた。そして、入札した全ての商品が激烈な戦いの末に予算の彼方へ飛び去っていることを確認したのだった。若者の時計離れとか本当なの……
 
そのあと、狂ったように1円とか11円とかで入札しまくった。今の時点で半分以上逆転されているけれど……そのあと、パートナーがスタスタとまくらを持ってやってきて、2人で並んで朝まで眠った。眠りの浅いときに、身体が少しだけ触れると安心した。抱きしめて眠りたかったけれど、吐き気がひどかったのと暑かったのとで断念した。それでも、良い夜だった。
 
また今夜も落札をめぐる戦いがやってくる。わたしは普段使いに一本落とせればそれでいいの。だから神様、どうか今夜こそ……。
広告を非表示にする