鬱(うつ)病・アルコール依存症・日々のつぶやき

2014年、うつ病・アルコール依存症デビュー。うつの波にぐっと耐えつつ、前向きな日々を送っています。読んで楽しい気持ちになってもらえたらうれしいです。

人生初のレッドスターをいただいたら、じわじわ嬉しかったという話。

はてなブログには「スター」というものがある。

誰かの記事に対して、読んだ人が「良かったよ!」とか「読みましたよ~」とか「頑張って!」とか、いろいろな気持ちを込めてポチッとする。

 

f:id:restart15515:20150630223852g:plain

 

ブログ主は、自分の記事にスターが付くと大変うれしい。中には別になんとも思わない人もいるのかもしれないけれど、少なくともわたしは自分の書いたものにスターが付くとしんみりとうれしい。スターそれ自体はただそこにあるだけで、景品やポイントに替えたりすることはできない。けれども、好意や応援、足あととして、生きた人間が指を動かして付けてくれたものだから、わたしとしてはとってもうれしいものだ。

 

スターにはいろいろな色があり、有料のものもある。わたしは経済的にスターをお金で買える状況ではないこともあり、無限に付与される黄色のスターだけを使っている。無限に付与されるものなんて、世の中にいくつあるだろう。おかげでわたしはこのイエロースターをとても気軽に使っている。湯水のように使っている。もしスターでなく米だったら足軽3000人くらいを容易に養えるくらい使っている。

 

誰かの記事を読んだあとにコメントを残すことには勇気か理由が必要だ。しかしスターはポジティブな想いだけをほんのり残すことができる。贈られた相手もふんわりと想いを受け取る。「すごく良かったです^^」というコメントをもらうこととは違い、具体的な意味を持たないからこそ、スターは輝くのだと思う。

 

さて、そんな素敵なスターだけれども、色違いのスターに意味なんてあるのだろうか。例えば「水色のスターを100万個もらえたらマウイ島にプール付きの別荘をもらえる(ただし交通費は実費)」とかならともかくとして、本当に色が違うだけなら黄色だけでいいじゃない。わたしはずっとそう思っていた。

 

しかし、本日ひょんなことから赤いスターをいただいたのだ。最初は「おっ、赤だ」なんて思う程度だったのだけど、少しして気になってもう一度見に行った。スターは赤かった。「赤……赤だ」黄色いはずのスターが赤い。なんだか不思議な感じがした。しばらくしてまた見に行った。やはり赤かった。そのあとも見に行ったけれど、赤いスターはずっと赤かった。

 

f:id:restart15515:20150630231659g:plain

 

赤い……なんだろう、この感じ。うれしい……のか?

 

f:id:restart15515:20150630231851g:plain

 

赤い……赤いよ……黄色くないよ……

 

f:id:restart15515:20150630231910g:plain

 

赤い!!!!レッドスター超赤い!!!

うおおおおおなんかうれしいいいいいい!!イヤッホー!!レッドスターイヤッホー!!

 

f:id:restart15515:20150630235400g:plain
(その時の心理風景を描いてみました)

やられた。初めてのレッドスターは赤かった。(当たり前だ)

興奮したわたしは喜びと感謝を表すべく、レッドスターの横にイエロースターを3個連ねた。しかし冷静になって見てみると、その状態は「わたしがわたしのコメントを大絶賛している」というひどい状態だったので慌てて消した。ばかなの?

 

今日のまとめ

賛否はあると思いますが、スターについては「たかが色違い、されど色違い」でした。ガチャゲーやカードゲームで微妙なバージョン違いとかを必死で追い求める人たちの気持ちが少しわかったような気がします。

 

「色違いのスターなんて意味あんの?」

 

その問いに対して、わたしはこう答えよう。

 

「確実にじわじわきます。」

 

と。

 

 

さて、今回素敵な想い出をくださったのはSONOTAのcardmicsさんという方。貴重な体験をありがとうございました。下の記事では実際に1万円ではてなスターを購入して、レビューを書いておられます。

 

etc.hateblo.jp

 

その他の記事もお得な情報を始め、読んでためになる内容ばかりです。

まだご存知でない方は、ぜひご覧になってみてください。

 

それではまた!

ID:4vhr2w

広告を非表示にする